各務幸音が気の赴くままちまちま書き残すメモのような、日記のような。

華流なら鄭元暢(小綜)&S.H.E(特にElla)がスキ♪
当然日記よりも叫び中心……ξ


     ………………………

………が、最近韓流に流れてます…(;^_^A

     ………………………



更新停滞気味〜…
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

profile
categories
selected entries
new entries
archives
comment
link
sponsor
others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
月組 感想。
遅くなりましたが、6月の感想をUP(笑)
6月6・7日と連休で、6日に、宝塚大劇場月組公演を観に行きました☆
たっぷり好き勝手な感想を長々と…(笑
※興味のない方等は通り過ぎて下さいm(._.)m


☆*゜゜゜*☆*゜゜゜*☆*゜゜゜*☆*゜゜゜*☆


公演タイトルは、
ロック・オペラ『暁のローマ』(『ジュリアス・シーザー』より)
レビュー『レ・ビジュー・ブリアン−きらめく宝石の詩−』

あやふやなんですが、感想をチャチャッと。

『暁のローマ』は歌がロック調。
別にロックばかりじゃ無かったんですが、主題歌の1曲が凄く私好みな旋律で、ワクワクしてましたw
結構テンポが良い曲が好きなので、楽しめました(*^^)
後、最初と最後に漫才的なアントニウス、オクタウ゛ィアヌスのコンビの時間調整(?)が面白かったデス!
関西弁でやってたから、より漫才に…(笑
シリアスな話題が中心なんで、リラックスして物語に入っていけて、又、大団円(…ちょっと違う…)へと繋げる橋渡し役があって良かったような、要らなかったような。
ところで、主役ってカエサル? ブルータス?('ω'*)←此処では一応カエサルを主役としてます。

内容について…ですが、イマイチ詳しくない時代なので歴史的な事はさっぱりなんです。
長くなりましたが、私が知っている、又、理解できた部分でまとめさせて頂くと…。(プログラムを参考に…)


王政を廃し、共和制を勝ち取ったローマ市民達は“王”という存在に嫌悪を感じていて、カエサルも常に「私は王では無い」と言っていたが、古代ローマは事実上カエサルによって治められていた。
そんな中、ブルータスはカシウスに、ローマがカエサルの手に落ちる前に暗殺を、と持ち掛けられるが、乗り気では無い。
けれども、カエサルが抱いているであろう野心を疑ったブルータスはローマを愛する心と、カエサルへの尊敬に苦しむ。
妻ポルキアはそんなブルータスの苦しみを感じ、「貴方の愛するものは?」と尋ねる。
ローマ、妻、カエサル…どれも大切で、これ以上無いくらい愛していると答えるが、ポルキアは「カエサルを恐れている」と反論。
愛しているなら、嫌われようとも相手の為に行動できる筈、と。
愛するローマを取り戻す為、尊敬し、愛してやまないカエサルの暗殺をブルータスは決意する。
暗殺当日、カエサルにブルータス達14人は次々に斬りつけ、カエサルが可愛がってきたブルータスの持つ剣が最後に刺さった時、「ブルータス、お前もか。…ならば良い」と微笑みながら息を引き取った。
翌日、カエサルの死に動揺しているローマ市民を集め、ブルータスはカエサルの偉大さ、勇敢さを讃えつつも、野心を抱いていた事を訴えた。
ブルータスの後に、生き延びたカエサルの副将アントニウスが、ブルータスを褒め讃えたが、いかにカエサルが市民達を愛していたかも訴えた。
ブルータスに一時は賛同していた市民達も、カエサルこそローマの父、とブルータス達に敵意に満ちた目を向けた。
追われるブルータスの前に狂ってしまったポルキアが現れ、ブルータスへの愛を訴えながら、夫の腕の中で亡くなる。
そんな絶望の中、カエサルの幻が、終わりが全てを決める、と言う。
仲間が次々と命を落としていき、ブルータスは人生を振り返り、自分ほど愛された男はいないと、沢山の思いを胸に、自ら人生に幕を降ろすのであった。

■カエサル:轟悠サン(イシちゃん)
…あまり観てなかったかも知れない。クレオパトラ登場場面が妙に人間的だった(笑)

■ブルータス:瀬奈じゅんサン(あさこサン)
あさこサンは悲しげな演技が似合いますね(笑)もうメロメロです!ヾ(≧≦*)ノ♪ ローマ市民に「話を聴いてくれ!」と叫びつつも、逃げるあさこサンはとても苦しそうな表情で、ズキュンっ!Σです。

■ポルキア:彩乃かなみサン(かなみん)
かなみんの歌声、好きですw 愛情がひたむきにブルータスに向けられていて、狂ってしまうのが悲しいのですが、そんなに人を愛せて幸せだったんだろうな…と。

■アントニウス:霧矢大夢サン(きりやん)
動き方が目を引く人。『オレの時代』みたいな事を言ってる時に野心大放出(笑)

■カシウス:大空祐飛サン(祐飛君)
あんまり喋ってる印象がないけど、静かに動きを見続ける眼が印象的。

■オクタウ゛ィアヌス:北翔海莉サン(みっちゃん)
お坊ちゃんキャラ? 可愛い統治者な感じが。

『レ・ビジュー・ブリアン』は始まって暫くして、目に睫毛が入ったのか、痛みだして集中して観れませんでしたが、キラキラしてました(*´ω`*)

嘉月サンが『〜ブリアン』では妖しく世界に引き込んでくれたんですが、『暁〜』では色っぽいブルータスMOMでしたw カエサルの愛人! 初め、ゆらサンかと思ってたんですよ…。

ただやっぱりイシちゃんの出番は多く、きりやん、祐飛君以下の場面が減ったような気がしました。まぁ2番手(?)きりやんはあった方だと思いますが、祐飛君は少なかったです…。イマイチ良い役なのかも分からなかったですし。

後、星条サンも新公主演(本役:イシちゃん)やるだけあって、目を引く。私が気に入っている越乃サンの横や後ろの立ち位置が多かったので、ついつい注目☆
ラインダンスでとなみサン(星組:白羽ゆりサン)みたいな方が居たので、どなたかちょっと気になってます。娘役らしい滑らかな手の表情に感動☆ 小柄な方みたいですが…。

もう一度観てみたいので、DVD買うかも知れません(笑)
いつも仕事場で聴いていて気になった『SENA!』を買ってしまいました(^-^; あさこサンにも興味を持ってしまったみたいで…(・ω・。) わたるサンが誰よりも好きなんですけどw(爆
└宝塚 / 12:02 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / 12:02 / - / -
comment*





この記事のトラックバックURL

<< Next   /   Prev >>

 薔薇之恋~薔薇のために~ DVD-BOX1 /

 薔薇之恋 - 薔薇のために - DVD-BOX2 /

 イタズラなKiss~惡作劇之吻~ デラックスDVD-BOXI /

 イタズラなKiss~惡作劇之吻~ デラックスDVD-BOXII /

 ドラマ「薔薇之恋~薔薇のために~」日本版サウンドトラック(DVD付) / TVサントラ,S.H.E

 薔薇之恋のつくり方 /

 台湾ドラマ「悪作劇之吻(イタズラなkiss)」サウンドトラック(CD)(台湾盤) / V.A.